建築塗装塗替えトータルシステムに生まれ変わったeペイントへ出店してみませんか?

eペイントのデモ

受注支援ツール(プレミアム会員)

受注支援ツールの説明・・・いつでもどこでもご利用できる見積・契約WEBアプリ

受注するまでに数週間かかっていた業務を現地調査時に済ませるツールですが、社内の見積業務の標準化にも役立ちます。

このツールの主要機能は原価積算見積です。 事前に登録された各会員様の歩掛り、塗装仕様をベースに労務費と材料費を計算し、その理論原価をより物件状況に合わせるために”作業のし易さ”、”材料の増減”、”管理費比率”・・等で修正して見積金額を算出します。

見積結果画面には外壁10種、屋根10種の塗装仕様別見積金額が同時に表示されます。 この中からお客様のご要望、予算に合った塗装仕様を選択して、その場で見積書を印刷してお渡しすることができます。 この見積書は今までのような単純な単価見積書ではなく、見積根拠となる塗装施工仕様書、材料一覧、人工、管理費などの明細が添付されています。 見積根拠をオープンにすることでお客様の信頼を得ることができ契約交渉がスムーズに運びます。 

さらに、値引き交渉に役立つ原価シミュレーションを使って価格交渉を行い、その場で契約書を印刷し契約を結ぶこともできます このツールを利用することで、お客様と会員業者様の双方にとって時間、労力の節約につながります。

受注支援ツールで見積もった見積内容は、弊社の塗装業向けアプリ『塗装工事管理システムCompasL』へダウンロードして工事の管理を行うことができます。

https://tool.epaint.jp へアクセスして体験してください。(ID=quest@epaint.co.jp パスワード=demo)

1.ツールのログイン

eペイント受注支援ツール

このツールをご利用できるのはプレミアム会員様だけです。

ノートPC、タブレット端末などをインターネットに接続してご利用できます。

2.お客様情報の登録

お客様情報の登録

ここで登録されたお客様情報と建物情報は見積書、契約書で利用されます。

3-@.塗装工事の見積

@塗装工事の見積

画面左側の見積項目欄の中から
『@塗装工事』 をクリックします。

塗装が必要なすべての部位の数量を入力します。

3-A.外壁補修工事の見積

A外壁補修工事の見積

画面左側の見積項目欄の中から
『A外壁補修工事』をクリックします。

補修が必要なすべての部位の数量を入力します。

3-B.防水工事の見積

B防水工事の見積

画面左側の見積項目欄の中から
『B防水工事』をクリックします。

防水が必要な仕様や部位の数量を入力します。

3-C.石貼工事の見積

C石貼工事の見積

画面左側の見積項目欄の中から
『C石貼工事』をクリックします。

施工箇所と使用する石材を選び、施工面積を入力します。

4.見積条件の設定と見積実行

見積条件の設定と見積実行

施工物件の状況に合わせて見積条件を変え、
『この条件で再計算行』ボタンを押します。

5.見積結果の使い方

見積結果の使い方

見積結果は外壁と屋根に分かれて塗装仕様別に金額が表示されます。

足場やその他の補修工事、防水工事、石貼工事は画面右下に表示されます。

お客様のご要望に合わせて外壁と屋根の塗装仕様を選択(クリック)すると見積額が更新されます。

お客様との交渉で値引きをするときは”調整額”の入力欄にマイナス記号を付けて金額を入力します。

この金額でよければ最後に『登録』ボタンを押し、見積書を登録します。

6.見積書の発行

見積書の発行
見積書の発行サンプル 見積書の発行サンプル *画像クリックで拡大表示

7.契約書の発行

契約書の発行
契約書の発行 *画像クリックで拡大表示

8.原価シミュレーションの使い方

理論原価積算に経験値を反映させた見積システムは、より精度の高い予算管理ができます。
また、現場での値引き要求に対し、感に頼らずに『どこまで値引きできるか』の判断に役立ちます。

原価シミュレーションの使い方1

シュミレーションの初期データです。

原価シミュレーションは日当・管理費・材料増減・作業効率などを現場の状況に合わせて変化させて予算原価を計算します。

左の例では、値引き¥40,770のため粗利率は19.7%です。
この粗利率は一般管理費・比率として導入時に各社の設定となります。

原価シミュレーションの使い方2

建物の状況で材料の使用量が10%増える見込みの場合は、粗利率はさらに下がって18.4%となります。

原価シミュレーションの使い方4

材料が10%UPしても、作業効率が10%良くなれば予想粗利率は22.1%となります。
いかに段取りなどの効率が利益に大きく影響するかがわかります。

l
原価シミュレーションの使い方5

初期日当を¥20,000から¥18,000にするだけで、予想粗利率は25.7%へ上がります。

eペイント塗装工事受注支援ツールを体験する